むくみの原因は水分の取り過ぎ?水分不足?原因と解消法は?

むくみの原因は水分の取り過ぎでも水分不足でもない?!

むくみの原因はよく「水分の取り過ぎ」だとか「水分不足」と勘違いする方が多いです。表面上当たっているのですが実は違います。主な原因として以下が挙げられます。

 

<主なむくみの原因>

  • 塩分のとり過ぎ
  • タンパク質低下
  • 長時間同じ姿勢
  • 冷え
  • 筋力低下特に足
  • アルコール過剰摂取
  • 生活習慣の乱れ
  • 体に合わない服の着用

 

そして上記が原因で間質液がリンパ管に入り正常に代謝できなくなりその結果余分な水分や老廃物が皮膚の下に溜まり、むくみに繋がります。要は水分コントロールができなくなってしまうことでむくみの原因になっています。

 

むくみを解消するには?

むくみを解消する方法はたくさんありますが、ここでは誰でもできる簡単かつ有効な方法をご紹介します!まず、むくみの状態は体内の水分が滞っていたり流れが悪くなっています。水を飲まないという方法は一番危険です。体内の水分が滞った状態が残りむくみは解消されませんし、体内の水分量が減ると冷え性の原因になります。

 

そういったた場合に有効なのがクラスターの小さい水を飲むことです。クラスターとは水の集合体のことで、水はH2Oの塊です。そのクラスターが小さい水は水の集合体の大きさもそれぞれ小さく、人間の細かい細胞の間への浸透力も高いです。その結果むくんで体内の水をコントロールできていない体でも浸透しやすくむくみ解消につながります。ただし、あくまでもアルコールの取り過ぎを控えたり、悪い生活習慣を改善したりすることもかなり大切です。