ウォーターサーバー電気代いくらかかる?

ウォーターサーバー電気代いくらかかる?

ウォーターサーバーの電気代って宅配水の省エネ機能やECOモードの搭載されてるサーバーだと使用頻度によりますが月350〜800円と公式サイトのよくある質問で記載されています。逆にそういった節電機能がないサーバーのウォーターサーバーだと1000円以上掛かることもあります。

 

ただし、月に使うボトル本数が多いとそれだけ電気代も高くなりますし、温水機能を頻繁に使うと普通に1000円以上掛かる場合もあります。

 

ウォーターサーバーの省エネ機能って?

少し前までのクリクラのようなサーバーだと省エネ機能はありませんでした。最近の新しいサーバーは光センサーに反応して自動で節電モードになるフレシャスのサイフォンコスモウォーターのようにエコモードに変更すると電気代が50%カットできるものまであります。

 

留守が多いなら節電機能のサーバーを選びましょう

節電機能のないウォーターサーバーは置いておくだけでも電気代を消費します。じゃあ電源を切ればよいじゃないかと思うと思うのですが、ウォーターサーバーは電源を切ると中の水が腐敗してしまいます。冷蔵庫と同じと思っていただければわかりやすいと思います。節電機能がなくても予め消費電力を抑えるように設計してあるフジサンウォーターのようなサーバーもあります。

 

なので留守が多い方やあまり頻繁に使わない方は、「全然使っていないのに電気代だけ高い!」ってことにならないためにも節電機能のサーバーを選ぶ方が良いでしょう。

 

>>11社のウォーターサーバーの電気代をチェックする♪