天然水とRO水の違いは?それぞれのメリット・デメリットは?

天然水とRO水の違いとは?

まず、天然水とRO水の違いについてそれぞれの特徴とメリット・デメリットで比較しました。

 

  特徴 メリット デメリット
天然水 天然ミネラルを含んだ水です。水源は様々で有名な採水地で言えば「富士山」「日田」「阿蘇」「古都」など。 天然のミネラル成分が豊富です。中にはバナジウムやシリカ、サルフェートといった有効成分を含んでいる天然水も。 RO水に比べてブランド力が強いため価格が高いことです。またミネラル成分が多すぎて硬度が高いと赤ちゃんに不適切だったり、硬水だと下痢の原因になったりします。
RO水 別名では「ピュアウォーター」「純粋」と言われます。分子レベルで濾過されており、不純物も少ないですがミネラル成分も少ないです。「ただの水」に近いです。 RO水はROシステムにより不純物を徹底的に排除できますので、放射能等の安全性が高いです。ミネラル分も少なく硬度も低いので赤ちゃんに最適な水です。 不純物を排除すると同時にミネラル成分もなくなります。また原水が水道水であることも多いです。

 

ミネラルウォーターの分類で異なる

天然水はナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターに分類されます。RO水はボトルドウォーターに分類されます。天然水は特定の箇所から採水されたものに対して、RO水は水道水や地下水も原水の中に含まれます。ただし、アルピナウォーターのような原水が北アルプスの天然水のRO水もあります。

 

天然のミネラル成分量が違う

天然水の中にはフレシャスプレミアムウォーターのような原水の水質が高品質の場合、非加熱処理でミネラル成分を多く含んだ産地の天然水をそのまま飲むこともできます。一方RO水はROシステムにより不純物を完全に取り除くと同時にミネラル分も取り除いてしまいます。

 

そもそもRO水のほとんどは原水の水質が悪いからこのようなシステムを採用していることが多いです。RO水の原水の中には水道水も含まれています。