ウォーターサーバーのノルマとは?特徴・メリット・デメリットは?

ウォーターサーバーのノルマとは定期配送システムのことで多くのウォーターサーバー会社が取り入れている制度です。

 

ノルマの特徴・メリット・デメリット
特徴 自分で予め決めた日や時間帯に、各宅配水会社によって決まったボトル本数が送られてきます。通販でよくある定期配送と思っていただくとわかりやすいです。
メリット 1回決めると、その後定期的に自宅まで水を運んでくれるのでいちいち注文する手間や重たい水を持ち帰らずに済みます。
デメリット ノルマがあると、毎月一定の水が送られてきます。よって、あまり飲まない月などはまだ水が残っていて消化できないといった状況になる可能性もあります。とはいえ、旅行等で長期間不在になる場合のために、「1か月間配送停止」などのシステムを採用している宅配水もあります。

 

 

コスモウォーターのノルマの例
1、宅配周期を決める コスモウォーターでは1か月・20日・15日・10日・7日のいずれかの配送間隔を選択できます。今回の例では1か月を選択します。
2、ボトル本数を決める コスモウォーターでは1回の注文でボトル2本単位から注文できます。今回は2本と選択しました。
3、配送日を決める 次に配送してもらう日を決めます。今回はわかりやすい1日にしました。1か月配送間隔の場合は毎月1日に予め決めた本数が送られます。
4、同じ周期で繰り返す 今回の例で行くと毎月1日にボトル2本が送られてきます。配送日に不在でも不在票をポストに投函してもらえ再送対応もあります。追加注文もできますし、配送停止も1か月864円掛かりますが停止することができます。